トップ画像

    
   

一年が閉じようとしています。すべてを「ありがとう」 そして、新たな歩みを前へ

「時」が過ぎれば、その経過に伴い、眼前の景色が変わっていきます。「時」はそれでいいのでしょうが、「人」はそのようにはいきません。「人」は、時が過ぎる中で考え、類推し、ものごとを工夫できるからです。その時の状況に応じた「処方箋」を心得ています。絶えず前に進むことが求められているのです。何のために? 他者によりよく奉仕できるようになるためです。充実した命を生きぬくために、・・。

でも、その前に「ありがとう」の謝意をどこにおいても、どんなことにおいても大切にし、他者がしてくださったことを思い、その方に感謝することを大事にしていきたいです。なぜならば、わたしたしたちの日々は、他者とのかかわりなしには考えられないからです。

                                                                                                               

そもそも「ありがとう」という表現は、みなさん、どんな時に使いますか。他者から何かお土産をいただいたとか、贈り物をいただいたとか、とにかく、他者から、いつもよくしていただいているなぁと感じる時に、自ずと出てくる心、言葉ではないのでしょうか。単なる儀礼ではありませんよね。

その時、感謝する心は、贈り物の「物」にアクセントを置いているわけではないでしょう。あくまでも、くださったその「人」に重きを置いた感謝の心、言葉であると思います。言うまでもないことでしょう。

新しい年を前に、過ぎた一年を感謝し、その振り返りと新たな決意を添えて、ひたすら一歩前に歩みを進めていきましょう。今、一人ひとりに求められています。

この一年、まことにありがとうございました。

新しい年が、もっと良い年でありますように願い、祈りつつ、・・

Deo Gratias

Happy New Year

 

                           20231222 小 川 靖 忠

 

   
幼稚園からのお知らせ
















〒890-0014 鹿児島市草牟田2丁目29-7
電話/099-222-5348 FAX/099-239-6221

園長名/小川 靖忠   設立年月日/昭和33年4月

本年の概要本年の特色一日保育の流れ年中行事募集要項園長室からお知らせ
のびのびクラブはこちら
学校法人善き牧者学園



   
 

photos.htmlへのリンク