プロフィール

「原 点」


よしだポップスオーケストラ、通称 “ Y.P.O. ” の結成は、1997年11月。

当初のメンバーは、約20人。アーティストのバックミュージシャンや、音楽講師などがにわかに集められ、地元のイベントで演奏したことに始まります。

この日が原点となり、活動をスタート。各地での演奏を続けながら、自分たちの技術、精神を、後進に引き継いでいこうという気持ちがひとつになったころ、現在の名称に改称。

県内外のプロ・アマを問わず、音楽好きが次々と集結、現在では、約40名が所属しています。

「受 賞」


地域における文化活動が認められ、サンエールフェスタ2019表彰式(H31.1.18開催)において、「平成30年度 鹿児島市社会教育優良団体表彰」を受けました。
表彰伝達式では、 個人(全国表彰など)多数の方々が授賞される中、社会教育優良団体部門の4団体を代表しての受賞という大役まで務めさせていただきました。
「鹿児島市社会教育優良団体賞」の記念の楯と表彰状は、本城町(旧吉田町本城)の練習場に飾り、皆で大切にしています。
今後も、音楽活動を通じた社会貢献に寄与してまいります。

   

「独自のノリ & レパートリー」


形は吹奏楽団ですが、その名のとおり、ポップス音楽を専門とする集団であり、ビッグバンドのサウンドを基本に、何よりも「ノリ」を重視した音作りに努めています。

レパートリーも、ジャズ・ラテン・ボサノバ・シャンソン・演歌と幅広く、聴いていただく皆様の心に届く演奏をと心がけています。

「ステージ」


結成の翌年から、毎年行っているコンサートは、19回目を数えました。

また、一年を通して、各地でのイベントにも出演。「もう一度聴きたい」「ありがとう」という、ファンの皆様の暖かい応援にお答えすべく、「何度聴いても飽きの来ないステージ」が心情です

「響 感」


Y.P.O.の理念(イメージテーマ)である「響感(きょうかん)」の2文字。

演奏することによって、メンバー同士が音の響きを感じ合うこと、心と心が響き合うこと。と同時に、聴いてくださる皆様と共に音と心の響きを感じ合うステージにしたいと思う気持ちもこめられています。

「教育・福祉」


保育園や幼稚園・小中学校での演奏会や、特別支援学校や福祉施設等への慰問なども積極的に行い、また、チャリティコンサートの益金の一部で、福祉施設へ車椅子などの寄贈をさせていただいております。

「話題に!」


近年、テレビ・ラジオ・新聞・音楽全国誌にも取り上げられるなど、マスコミにも注目される存在に成長致しました。これもすべて、応援してくださる皆様のお力添えの賜物であると深く感謝申し上げます。

「未来へ」


結成から20年。

私たちのサウンドを愛して下さる皆様のためにも、これまでの足跡をバネに、これからもさらに未来へ向かって、私たちのサウンドを愛して下さる皆様のためにも、「Y.P.O.」は歩み続けます。