[もくじへトップページへ次ページへ]

Sunday, 07-Jan-2001 01:21:38 JST に更新

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2.Perlを動かす準備

 2.1 サーバー化ソフトとエディタのダウンロード

  Perlはサーバー側のコンピュータで実行されますが、プログラムの動作

 テストをするのにいちいちオンラインにするのは不経済です。そこで、次のプ

 ログラムをダウンロードし、自分のコンピュータをサーバー化して使いましょ

 う。



 (1)Perl5 for Win32

    http://www.ActiveState.com/

    より、Pw32i316.exe(1511KB)(自己解凍ファイル)をダウンロード後、

     C:\perl\bin\perl.exe

     C:\perl\bin\perl300.dll

    にインストールします。



 (2)AN HTTPD

    http://www.st.rim.or.jp/~nakata/

    より、httpd116b.zip(868KB)をダウンロード後、解凍

        ↓

    メッセージに従ってインストール

        ↓

    ホルダー C:\HomePage を作成

        ↓

    httpd.exe を起動

        ↓

    [一般]→[ドキュメントルート]に C:\HomePage

        ↓

    [一般]→[.pl..cgiの]に C:\perl\bin\perl.exe

        ↓

    [エイリアス]→[仮想パス]の /cgi-bin,/scripts のチェックをはずす

        ↓

    [表示/インデックス]の[.www_browsableがある]のチェックをはずす

        ↓

    ひとまず終了



 (3)
エディタ

   CGIプログラムを作るには、テキストエディタが必要です。

  次のサイトから、フリーエディタ『Perl Editor』をダウンロードします。

  作者:川千原千 http://www.k-collect.net



  このソフトも解凍して使います。詳しくは、説明書に書いてあります。

 (作者には、ひとことお礼を忘れずに。)



 
2.2 CGIの動作テスト

  エディタで、次のプログラムを記述します。



    #!/usr/local/bin/perl

    print "Content-type: text/html\n\n";

    print "<HTML>\n";
    print "<TITLE>テスト</TITLE>\n";
    print "Hello World\n";
    print "</HTML>\n";



  これを、C:\HomePage\cgi-bin\hello.cgi

  という名前を付けて保存します。



  その後、

    httpd.exe を起動      

        ↓

    IENNを起動

        ↓

    オフラインにする

        ↓

    IE: [ファイル]→[オフライン作業]のチェックをはずす

    NN: [ファイル]→[オンラインにする]            

        ↓

    http://localhost/cgi-bin/hello.cgi

    または、

    http://127.0.0.1/cgi-bin/hello.cgi

    でアクセス





  うまく動きましたか?

  動かないときは、サポート掲示板へどうぞ。

 次回は、簡単な計算プログラムを作ってみます。

[もくじへトップページへ次ページへ]