リハビリテーション科

リハビリテーション科

日高内科クリニック リハビリテーション棟

リハビリテーション科では、
 ・デイケアの介護度のついたご利用者様のリハビリテーション
 ・脳血管疾患後遺症
    脳梗塞後遺症、パーキンソン症候群症状部位、ギランバレー症候群症状部位のリハビリテーション
 ・運動器疾患
    変形性膝関節症、変形性腰椎症(慢性腰痛やぎっくり腰等も対応)、変形性頚椎症、肩関節周囲炎
    関節リウマチに対応したリハビリテーション
 ・廃用性疾患(使用頻度の少なくなった事によって現れる症状)
    外出機会が少なくなったり、認知症などによる筋力低下
    フレイル症状(栄養と運動のバランスが崩れた状態)
 その他、可動時に痛みを伴う部位のリハビリテーション等を行っております。
  まず、外来にてドクターより診察を受け、その後リハビリテーションを受けていくことになります。
 業務や農作業等の日常生活で蓄積した疲労の除去などのあん摩マッサージも外来受診して頂くことで、
 施術可能となっております。
  幅広い分野の専門スタッフが控え、患者様に対応いたしております。

リハビリテーション科 スタッフ
   ・PT(理学療法士)   1名
   ・OT(作業療法士)   2名
   ・あん摩マッサージ師   1名
   ・管理栄養士       1名
   ・リハビリ助手      3名

リハビリテーション科全景


  広くて明るいリハビリテーション室です。車椅子の方も1階からエレベーターにてあがる事ができます。
 補助の必要な方はリハ助手がお手伝い致します。
  外来受診後、リハビリの必要な方は外来よりリハビリテーション科へ連絡が入り、リハ助手が外来まで
 お迎えにあがり、リハビリテーション科までご案内いたします。

牽引器


 牽引器(頸椎・腰椎)
  頸椎や腰椎を引っ張る事により、骨同士の圧迫を軽減し、ズレを矯正していく事で、痺れや痛み、
  運動麻痺への効果が期待できます。

マイクロ・低周波・SSP


 温熱療法
  ・ホットパックでは、医療用の温熱パックにて患部を温め可動域を広げていきます。
  ・マイクロ波治療器では、筋肉内部から温め、血行促進、筋緊張の緩和、痛みの緩和に効果があります。
  ・低周波治療器では低い周波数の電流刺激により、血行促進、筋緊張の緩和、痛みの緩和に効果が期待
   できます。
  ・SSP治療器に用いられている出力波形は双方向性対称波で、プラス側もマイナス側も同一波形を
   採用しています。したがって刺激感覚も極性に関係なく同じ刺激感が得られます。
   ツボを有効に刺激しながら低い周波数の電流を流すことにより、鍼と同じような刺激を加えることが
   出来、痛みの緩和に効果があります。

スーパーライザー・ドクターメドマー

  ・スーパーライザー
   近赤外線を用いて、治療したい部分にスポットを当てて照射する事が可能である為、効率よく血行促進
   を図れ、痛みの緩和、また、神経系にも効果が期待できます。
  ・ドクターメドマー
   空気の力で足(ふくらはぎ)を圧迫し、血行促進、疲労回復、むくみの軽減を行います。

その他機器