トキソプラズマ症は寄生虫のトキソプラズマが原因でなる病気です。
哺乳類や鳥類、主として猫が感染し、猫の糞や生肉により人にも感染します。
妊婦が感染した場合、特に妊娠初期の感染ではほとんどが流産または死産を起こします。
母体がトキソプラズマ症に感染し胎児への影響あった場合は先天性トキソプラズマ症と
言われてます。


先天性トキソプラズマ症の症状は水頭症、小頭症、神経運動障害、脈絡網膜炎などです。
予防としては、生肉(豚の生肉)を食べない、猫などのペットに口移しで食事をあたえない。
ペットの糞の後始末を妊婦はしなようにする。
猫が良く糞をする砂地の場所(公園の砂場)などの出入りを避ける。
トキソプラズマ症に関して詳しく知りたい方は検索サイトにてトキソプラズマで検索して下さい
産婦人科、動物病院、寄生虫関係のサイトでトキソプラズマ症について詳しく掲載して
あります