「指宿」の謎

平安時代の古文書「和名抄」には、揖宿郡は「以夫須岐」(イフスキ)と書かれていました。
古来より揖宿の読み方については、イフスキとユフスキの2つの流れがあり、
中世〜近世には、ユフスキの呼び名がしばしば登場します。
日本語には「行く」をユクというようにイ音をユ音に読み替える性質があるようです。
では、「ユフスキ」にはどんな意味があるのでしょうか。
古来より指宿は温泉街として知られ、
湯の口、湯の浜、湯の里など「湯(ユ)」のついた小字は30ヶ所近くあり、
中世には「湯豊宿」とも表記されていました。
ユフスキのフは、「生(フ)」があてられていたと考えられています。
「生」は芝生と書くように植物が生い茂る場所を意味する言葉でしたが、
それが転じて何かがたくさんある場所をさす意味にも使われるようになりました。
また、古代の朝鮮半島では村のことを「スキ」と呼んでいて、
指宿の「スキ」はそのなごりではないかといわれています。
つまり、指宿の語源は「湯生村」で、
それが長い歴史の中でイフスキからイブスキと変化したと考えられています。

  「南九州の地名」から引用