1998年 南日本新聞より