潮見橋は1890年(明治23年)、鹿児島城下から山川方面への主要な街道「旧谷山街道」が和田川を渡る重要な橋として架設されましたが、大きな役割を終え、2006年(平成18年)に解体されました。
橋梁名 潮見橋(しおみばし)
架橋位置 鹿児島市谷山中央三丁目
路線名 和田塩屋1号線 河川名 二級河川 和田川
架設年代 1890(明治23)年 石 工 不詳
橋 長 32.35m 幅 員 4.90m
径 間 10.30m,8.85m 拱 矢 2.94m,2.70m
石 質 溶結凝灰岩

解体工事のようす 3D画像計測

上流より全景
下流より全景
上流左岸より近景 下流左岸より近景
左岸より路面の全景 右岸より路面の全景
左岸上流袖柱に刻まれた橋名 右岸下流袖柱に刻まれた橋名
上流左岸側の壁石と水切り 下流左岸側の壁石と水切り
右岸側アーチ基礎の変状 中央アーチ右岸側基礎のコンクリートによる改修
左岸側アーチの内部近景 右岸側アーチの内部近景
中央アーチの要石 左岸側アーチ石の風化現象