2011.12.21
佐多岬灯台

佐多岬灯台に付属してあった建物がソーラーパネルに変わっていました。

(2008年以来、久しぶりに佐多岬灯台を見ました。)

 佐多岬灯台(さたみさきとうだい)は、鹿児島県大隅半島の先端にある佐多岬の沖、大輪島の断崖上に立つ、白亜の大型灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている。また、この岬は九州の最南端にあり、日本本土最南端と記した標柱も立てられ、周辺は、霧島屋久国立公園に含まれ、太平洋を望む景勝地。

 2011年12月21日時点の状況
 

 2008年6月12日時点の状況
 参考ページ