赤い羽根赤い羽根 かごしま
共同募金とは?
税制優遇について 赤い羽根Q&A
トップページへ戻る
 共同募金とは?
 L赤い羽根は共同募金
 共同募金結果報告
 助成情報
ありがとうのメッセージ
 愛ちゃん,希望くん
 民間補助事業
 特定・指定寄附制度
 災害支援制度
 共同募金委員会
ライブラリ
 事業報告・決算

赤い羽根共同募金自動販売機
自動販売機で
気軽に募金

赤い羽根共同募金自動販売機の設置場所を提供して頂ける企業等を募集しております。

お問い合わせ先




「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です

 共同募金のシンボルは「赤い羽根」
「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。
1948年頃、アメリカでも水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。 それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。 「赤い羽根」は運動が始まった頃は、寄付をしたことを表す印として使われました。
現在では、「共同募金」のシンボルとして幅広く使われています。


 法律からみた「共同募金」
共同募金は、「社会福祉法」に基づき、都道府県ごとに共同募金会を設置し、募金運動を展開しています。


共同募金は、10月1日から12月31日まで

運動は、北海道から沖縄まで全国一斉に行われます。
毎年1回、全国一斉に募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が決められています。 10月から12月までは一般募金を、12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。
また、この期間以外でも、様々な寄付金を取り扱っています。



歳末たすけあい募金も、共同募金の一環

歳末たすけあい募金も共同募金の一環です。
歳末たすけあい募金には、市町村の区域毎に行う「地域歳末たすけあい」と、「NHK歳末たすけあい」があります。
歳末たすけあいへの寄付金は、見舞金として歳末時期(当年度)に使われ、地域福祉サービス事業などには、原則として翌年度に使われます。



↑ このページのTOPへ戻る

  Copyright 2002 共同募金かごしま All rights reserved