『鹿児島 LD・周辺児の支援を考える会』
 てんがらもん



 *** てんがらもんとは ***


  鹿児島弁で「良い子」「お利口さん」の意。母親が子供を誉めるときに
  言う言葉。「子供は天からの授かりものであるので私物化せず大切に育てよ」  
  という薩摩数育の伺われる言葉である.


              *天からの子−−訛化−−てんがらもん*




『鹿児島 LD・周辺児の支援を考える会』
てんがらもん について


   「てんがらもん」は平成8年7月に発足しました。
   活動の中心になっているのは鹿児島県内に在住するLD児の親で
   すが、LDに興味・関心があれは誰でも入会できます。

   また、『鹿児島 LD・周辺児の支援を考える会』 てんがらもんは、
   LD児の親の会とLDに関心を持つ者が集い結成した会ではありますが、
   広く発達障害についても考えて活動しています。
   従って、必ずしもLDと珍断された子供の親ばかりでなく、
   LDと同じような行動や適応に関する問題を持つ子供の
   親や関係者が共に、LDを含む発達障害を持つ子供たちが
   心身共に健やかに成長することを願いながら、子供達への
   理解と適切な援助を広く社会に呼びかけるために活動しています。

*てんがらもん活動内容*

・定例会・・・月一回
・学習会・・・LDを含む発達障害に関するもの
・専門家によるソーシャルスキルズトレーニング
            =子供達の社会技能訓練
・キャンプやピクニック
・教育諸機関に対する働きかけ

入会の問い合わせは下記のところまで。子供達の友達づくりの場であるこの会に、
あなたも是非ご参加ください。

  会 長:増田 正和
       〒899−5652
       鹿児島県姶良郡姶良町平松3654−1

お問い合わせは郵送でお願い致します。
また、郵送の場合は、返信用封筒を同封の上送付して下さい


鹿児島県内の相談機関・医療機関の紹介目次へ