地域医療・福祉ステーション ひまわり病院


   所在地:鹿児島市上之園町20番28号
  連絡先:099−252−5166
  診療科目:内科、リハビリテーション科




 発達外来について

 発達外来診察日:毎週水曜日午後14 : 00〜17 : 00
 外来訓練:予約制(月曜日〜金曜日) 9:00〜18 : 00
      ※予約状況では受け入れられないこともあるので、予めお問い合わせ下さい

 訓練種目(スタッフ数):PT(1名)OT(4名)ST(1名)平成16年7月現在
      PTは理学療法士、OTは作業療法士、STは言語聴覚士のことです。

 申し込み・問い合わせ:上記の電話番号にて、月〜金曜日・8:30〜17:00まで
      ※予約状況により、同一法人である「やまびこ医療福祉センター」をご紹介する
        場合がありますので予めご了承下さい。


 理学療法について
  はじめまして。
  こどもは、生まれてから寝返り、お座り、ハイハイ、立つ、歩くといった運動を経験
  し獲得していきます。これらはこどもの知的な発達を促していくための土台にもなっています。
  私たち理学療法士はそのお手伝いを少しでもしたいと考えています。家族やこどもを
  取り巻くすべての人だちと一緒に、こどもの能力が最大限活かせる方法を考えていきたいと
  思います。

 作業療法について
   こんにちは。
  小さな個室にブランコや滑り台やボールプールを設置して、こどもたちと
  一緒に遊んでいる・・・ようにみえる「ひまわり病院」の作業療法士です。
  私たちは障害児とその家族の支援を外来訓練という形で応えていこうと考えています。
  障害児の捉え方は、脳がうまく機能せず環境に関わる上でトラブルを起こしやすいこど
  もたちと考え、私たちで出来る援助は何かと考えています。

 言語の療法について
  こんにちは。
  いろんな桧カードや身振りを使ってこどもたちと笑ったり、泣いたり、時には怒ったり、
  漫才!?している「ひまわり病院」の言語聴覚土です。
  言葉の発達はこども達がいきなりお喋りをし始める訳ではないです。土台として、い
  ろんな実物の意味を理解し、その概念を拡げていくこと。加えて、子供たち自身表現す
  る楽しみを持つことが大切です。
  このようなことをふまえ、子供たちや家族の方々の生活が豊かになるためのお手伝いを
  したいと考えています。

 脳性麻痺児や知的障害児を中心に理学療法・作業療法・言語療法の個別訓練を行っています。
  LDやAD/HDを中心としたご相談は、やまびこ医療福祉センターにお問い合わせください。

 このページの文章は『ひまわり病院』さんの方々が作成して下さった文章です。
 『お忙しい中、御協力感謝致します。』

鹿児島県内の相談機関・医療機関の紹介目次へ
.